市場ニュース

戻る
2015年09月18日11時48分

【注目】話題株ピックアップ【昼刊】:クスリアオキ、ネクスト、五洋建、東急建設

■クスリのアオキ <3398>  5,720円  +360 円 (+6.7%)  11:30現在  東証1部 上昇率2位
 17日、クスリアオキ <3398> が決算を発表。16年5月期第1四半期(6-8月)の経常利益(非連結)は前年同期比48.5%増の28.1億円に拡大して着地。四半期ベースとしては5四半期連続で過去最高益を更新したことが買い材料。新規出店や既存店改装に加え、食品の品揃え強化などが奏功し、21.2%の大幅増収を達成した。利益率の高い調剤薬局の開設も増益に貢献した。上期計画の39億円に対する進捗率が72.1%に達したことで、業績上振れを期待する買いが向かった。

■ネクスト <2120>  914円  +51 円 (+5.9%)  11:30現在  東証1部 上昇率3位
 ネクスト<2120>が3日続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券は17日、同社株のレーティングを新規「バイ」とし、目標株価を980円に設定した。18年3月期まで2ケタ営業増益が続くと予想、中期的な成長余地から株価に割安感があると指摘した。国内最大級の掲載物件数(5万件超)を持つ不動産物件情報サイト「ホームズ」を運営。加盟店数や掲載物件数拡大により、今後は広告宣伝費比率の低減が見込める。また、旅館業法改正による楽天<4755>などと提携した民泊市場への参入にも注目している。同証券では16年3月期の連結営業利益は前期比63.5%増の44億円(会社予想43億1400万円)と予想、17年3月は同53億円、18年3月期は同65億円を見込んでいる。

■藤田観光 <9722>  420円  +17 円 (+4.2%)  11:30現在  東証1部 上昇率9位
 藤田観光<9722>が3日続伸。同社は17日、2016年4月7日に沖縄の那覇・国際通りに開業を予定しているホテル名称を「ホテルグレイスリー那覇」に正式に決定し、10月7日より予約受付を開始することを発表した。「ホテルグレイスリー那覇」は沖縄最大の繁華街である那覇・国際通りのほぼ中央に11階建て198室を構える。現在4店舗を展開するホテルグレイスリーブランドは、口コミサイトや格付けガイドなどで高い評価を得ており、開業後は国内外の観光客からの利用が期待される。

■西日本鉄道 <9031>  608円  +22 円 (+3.8%)  11:30現在
 西日本鉄道<9031>が続伸。三菱UFJモルガン・スタンレー証券が17日付でレーティングを新規「バイ」、目標株価を800円に設定している。福岡都市圏へのアジア旅客流入や東京など沿線外のホテル展開などインバウンド旅客が業績を牽引、将来的には天神再開発の寄与も指摘している。

■旭ダイヤモンド工業 <6140>  1,167円  +26 円 (+2.3%)  11:30現在
 17日、旭ダイヤ <6140> が発行済み株式数(自社株を除く)の1.73%にあたる100万株(金額で13億円)を上限に自社株買いを実施すると発表したことが買い手掛かり。需給改善や株式価値の向上といった株主還元が好感されたほか、株価浮揚策としてもポジティブに受け止められた。買い付け期間は10月1日から12月22日まで。

■JCRファーマ <4552>  2,517円  +50 円 (+2.0%)  11:30現在
 JCRファーマ<4552>が続伸。同社は17日、申請中の再生医療製品について厚生労働省が製造販売承認したことを発表、これが大きく好感される格好となった。同社は骨髄移植時の合併症に使う日本初の他家由来再生医療製品である「テムセルHS注」を申請しており、今回、製造販売承認を取得したことで再生医療関連として改めて注目度が高まった。現在、国内で販売する再生医療製品としてはジャパン・ティッシュ・エンジニアリング<7774>の人工皮膚と人口軟骨の2製品のみにとどまっていたが、2014年11月に施行された医薬品医療機器法のもとでの初の承認事例となり、今後も含めて審査の迅速化に期待が高まっている。またきょうは、同様にテルモ<4543>も心不全に治療に開発した医療製品「ハートシート」が製造販売承認されたことで、寄り付きは買いが先行していたが、足もとはマイナスに転じている。

■ユアテック <1934>  1,064円  +15 円 (+1.4%)  11:30現在
 ユアテック<1934>が全般軟調相場の中で4日続伸。5日・25日移動平均線のゴールデンクロス示現からじりじりと戻り足を強めている。同社は東北電力系の電気工事会社で、足もとは受注単価上昇に加え、省エネ改修工事の提案営業強化で需要を取り込んでいる。関東エリアにも進出しており、首都圏の都市再開発事業に絡む案件寄与で「16年3月期営業利益は前期の水準が高かったことで減益見通しながら会社側が計画する85億円(前期比24.4%減)は上振れる可能性が高い」(国内中堅証券)と指摘されている。東証信用残は売り買いともに枯れた状態であり、株式需給面で軽さがある点も強み。

■五洋建設 <1893>  565円  +6 円 (+1.1%)  11:30現在
 五洋建設<1893>が小幅に続伸。きょうは、大和証券が同社の目標株価を引き上げたことが確認されている。同証券は、「16年3月期上期の連結営業利益は会社計画43億円を大幅に上回る公算が大きく、同証券では71億円(前年同期比2.2倍)と予想する」としている。また、今下期のプロジェクトで注目されるのは、東京港臨港道路(南北線)の海底トンネルだとしているほか、17年3月期には、東京港のエリアでクルーズターミナル、海の森水上競技場、晴海選手村の護岸改修などオリンピック関連工事が本格的に発注されると予想され、好環境が続くとの見解を示している。レーティングは「2(アウトパフォーム)」を継続し、目標株価は470円から600円へ引き上げられた。

■東京建物 <8804>  1,454円  +11 円 (+0.8%)  11:30現在
 東京建物<8804>は続伸。ドイツ証券は17日、同社の投資評価を「ホールド」から「バイ」に引き上げた。目標株価は1940円から1970円に見直している。直近の株価下落が著しく、割安感が顕著となったことから、投資評価を見直している。足もとの財務体質が改善したことから、現状の利益水準を当面維持できる体制が整い、今後の安定した業績が見込めることなどを評価している。

■東急建設 <1720>  1,022円  +2 円 (+0.2%)  11:30現在
 17日、東急建設 <1720> が配当修正を発表。従来無配としていた16年3月期の上期配当を5円(前年同期は無配)実施する方針としたことが買い材料視された。業績の好調を踏まえ、株主への利益還元を増やす。中間配当は07年4-9月期以来、8年ぶりの実施となる。年間配当については13円で据え置いたが、手持ち工事を豊富に持っており、年間配当の増額を期待する買いも向かった。

■アシックス <7936>  3,075円  -165 円 (-5.1%)  11:30現在  東証1部 下落率6位
 アシックス<7936>が反落。同社は17日引け後、15年12月期通期業績予想の下方修正を発表。連結売上高は4230億円(前期比19.5%増)から4290億円(同21.1%増)に引き上げたものの、営業利益は330億円(同8.3%増)から310億円(同1.7%増)に、当期純利益は210億円(同5.7%減)から130億円(同41.6%減)に引き下げている。営業利益については、主にブラジル子会社において仕入コストにかかる為替の影響を主な要因とする原価率の上昇が響いた格好。当期純利益に関しては、経常利益の減少や国内事業の構造改革のための一時的な損失計上などにより前回発表予想を下回ることとなった。

■トヨタ自動車 <7203>  7,231円  -107 円 (-1.5%)  11:30現在
 トヨタ自動車<7203>、ホンダ<7267>など自動車株が軒並み安。日本時間きょう未明の米連邦公開市場委員会(FOMC)では利上げが見送られたことで、外国為替市場ではドル売り要因となり、足もとは1ドル=119円台に入るなど円高に振れている。これを受けて輸出比率の高い自動車セクターは為替メリットへの期待が後退し、売りに押される展開を強いられている。

■すかいらーく <3197>  1,562円  -23 円 (-1.5%)  11:30現在
 すかいらーく<3197>が反落。同社は17日引け後、会社分割の方式で持ち株会社体制へ移行するため分割準備会社の設立、および16年1月1日(予定)を効力発生日として、同社が運営するレストラン事業が有する権利義務の一部を、会社分割により、分割準備会社に承継させると発表した。グループ経営を高度化させ同社グループの競争力を高めるため、持ち株会社体制に移行する。それに先立ち、吸収分割を実施するとしている。

■日本ハム <2282>  2,493円  -26 円 (-1.0%)  11:30現在
 日本ハム<2282>が続落。きょうは、SMBC日興証券が同社の目標株価を大幅に引き下げたことが確認されている。同証券は同社について、「16年3月期以降の業績予想を減額修正し、目標株価を従来の4920円から3480円へ29%引き下げる」としている。ただ、投資評価は「1」(アウトパフォーム)を継続。「豪州では世界の旺盛な牛肉需要に沿って肉牛の処理頭数が拡大してきたため、一時的に肉牛需給がひっ迫している」などとしたうえで、同社の豪州事業を中心に業績予想を減額している。ただ、食品株における同社の株価の割安感が強いことや、コーポレートガバナンスの改善にも期待できることなどを考慮し、「強気の投資スタンスを継続する」としている。

●ストップ高銘柄
 リソー教育 <4714>  234円  +50 円 (+27.2%) ストップ高   11:30現在
 フュートレック <2468>  479円  +80 円 (+20.1%) ストップ高買い気配   11:30現在

●ストップ安銘柄
 オプトロム <7824>  1円  0 円 (0.0%) ストップ安売り気配   11:30現在

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均