市場ニュース

戻る
2015年09月15日07時53分

【材料】ファンケル---マーケティング費用を大幅に増額し、積極的な拡販に転じる

ファンケル 【日足】
多機能チャートへ
ファンケル 【日中足】


ファンケル<4921>の歴史は、1980年に発売した肌にやさしい弱酸性化粧品の販売にはじまる。当時多くの女性が添加物の入った化粧品によって深刻な肌トラブルに悩まされており、綺麗になるための化粧品で女性が「不(不安、不快、不満)」を受けている現状を解消したいとの想いから創業された経緯がある。現在、ファンケル化粧品、アテニア化粧品のブランドにて全体の4割を占める通信販売に加え、店舗、卸などのルートにて販売を行っている。2015年3月期の海外売上高比率は8%。

2016年3月期は売上高で前期比15.9%増の900.0億円、経常利益で同61.5%減の16.5億円が見込まれている。マーケティング費用を前期比99.11億円の大幅増と積み増し、積極的な拡販に転じている。

配当利回りは2.25%と相対的に高水準。1株あたり配当は前期比変わらずの34.00円、配当性向は前期比147.7pt増の241.9%となっている。ネットキャッシュは300億円超と潤沢。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均