市場ニュース

戻る
2015年09月14日09時35分

【材料】ディップが反落、8月中間業績見込みと中間配当を上方修正も材料出尽くし感強まる

ディップ 【日足】
多機能チャートへ
ディップ 【日中足】

 ディップ<2379>が反落。前週末11日の取引終了後、集計中の第2四半期累計(3~8月)単独業績について、売上高を従来予想の121億6100万円から123億7200万円(前年同期比36.7%増)へ、営業利益を同24億1600万円から29億2300万円(同65.0%増)へ、純利益を同13億5900万円から16億3400万円(同71.5%増)へ上方修正したが、直近3連騰していただけに、材料出尽くし感の台頭から利益確定売りが優勢となっている。求人需要の高まりを受けて、アルバイト求人情報サイト「バイトル」および派遣求人情報サイト「はたらこねっと」を運営するメディア事業が堅調に推移したことが要因としている。
 また、業績予想の修正に伴い、従来29円を予定していた中間配当を45円(前年同期26円)に引き上げると発表。一方、期末配当は従来予想の11円から10円(ただし9月1日付で1対5株の株式分割を実施)へ減額している。

ディップの株価は9時27分現在2405円(▼210円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均