市場ニュース

戻る
2015年09月11日23時36分

【市況】【市場反応】米9月ミシガン大消費者信頼感指数速報値


外為市場では予想を下振れた米国の消費者信頼感指数を嫌ったドル売りが優勢となったが、インフレ期待の上昇でドルは下げ止まった。ドル・円は120円57銭まで下落後、120円70銭へ戻している。ユーロ・ドルは1.1299ドルまで上昇後、1.1280ドルへ再び弱含んだ。米10年債利回りは2.224%から2.172%へ低下した。

米国9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値は85.7と、市場予想の91.1を下回り、昨年9月以来で最低となった。一方で1年期待インフレ率は2.9%と、8月の2.8%から上昇で3月以来の高水準。5-10年期待インフレ率も2.8%と、8月2.7%から上昇した。

【経済指標】
・米・9月ミシガン大学消費者信頼感指数速報値:85.7(予想:91.1、8月:91.9)
・米・9月ミシガン大学1年期待インフレ率:2.9%(8月:2.8%)

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均