市場ニュース

戻る
2015年09月08日14時09分

【材料】国内大手証券、ヘルスケアセクターに弱気見解を継続

シスメックス 【日足】
多機能チャートへ
シスメックス 【日中足】

 国内大手証券のヘルスケアセクターのリポートでは、「設備購入に様子見の医療機関が多いため、第2四半期決算も大きな回復を感じることなく通り過ぎる」と指摘。「保険依存度の低さ」や「海外展開力」を銘柄選別のポイントとみて、シスメックス<6869>とエムスリー<2413>の高い評価を継続。ほかの注目銘柄として、短期好材料の多いテルモ<4543>、制度変更リスク回避とディフェンシブ性の観点からツクイ<2398>、メッセージ<2400>、株主還元期待でみらかホールディングス<4544>をピックアップ。
 向こう3カ月程度のセクター投資判断は「弱気」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均