市場ニュース

戻る
2015年09月07日10時37分

【材料】UBICが動意、国内初のAIを活用したSNSマーケティング支援サービス開始

フロンテオ 【日足】
多機能チャートへ
フロンテオ 【日中足】

 UBIC<2158>が動意。一時、前週末比41円高の667円まで買われる場面があった。同社はきょう、デジタルガレージ<4819>子会社のBI.Garageと国内初となる人工知能(AI)を活用したSNSマーケティング支援サービスを開始したと発表。これが買い手掛かりとなっているようだ。
 サービスの第1弾として、BI.Garageが2009年から提供しているツイッターアカウント運用支援ツール「ツイートマネージャー」に、UBICが開発したAI「バーチャルデータサイエンス(VDS)」およびVDS関連技術との連携機能を追加。VDSがツイッター上に投稿される大量のテキストを短時間で分析し、その結果から導かれるユーザーの属性情報などをマーケティング戦略に取り入れることで、「ツイートマネージャー」の利用企業はより効果的な施策を実施することが可能になる。

UBICの株価は10時31分現在646円(△20円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均