市場ニュース

戻る
2015年09月04日02時53分

【市況】NY金:続落で1124.50ドル、ECB量的緩和拡大期待による株高、ドル高で売り継続


NY金は続落(COMEX金12月限終値:1124.50↓9.10)。1121.00ドルを安値に、いったん上昇したが、1130.00ドルまでの反発にとどまった。欧州中央銀行(ECB)のドラギ総裁が、「必要とあれば、ECBは責務の範囲で全ての手段を用いる。量的緩和(QE)の規模や期間を変更することが可能」、と発言。QE拡大期待から欧米で株高となり、金の売り圧力が強まった。


また、QE拡大期待でユーロが下落する一方、米国の8月ISM非製造業景況指数(総合)の上振れもあってドルが上昇(ユーロ・ドル一時1.1088ドル)。ドル高による割高感も金の売りにつながった。

《KK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均