市場ニュース

戻る
2015年09月03日12時18分

【市況】想定内のこう着、押し目拾いのスタンスは継続/後場の投資戦略


日経平均 : 18352.98 (+257.58)
TOPIX  : 1492.55 (+26.56)

[後場の投資戦略]

 幅広い銘柄が上昇して始まり、日経平均は一時18500円に迫る局面をみせた。その後は5日線が上値抵抗として意識されているが、想定内の値動きであろう。買い気配から始まったファーストリテ<9983>が下げに転じており、日経平均の重石といったところ。ソフトバンクグ<9984>も下げに転じており、指数インパクトの大きいところが、冴えないことから、上値追いを慎重にさせている。
 とはいえ、中国が休場となっていることから乱高下はなく、全体としては落ち着いた中で、中小型株などへの物色が目立っている。週末には米雇用統計を控えていることからオーバーナイトのポジションは取りづらいところであろう。ただ、現在の株価水準が直近ボトム圏で推移している銘柄が多く、米利上げ再開によるアク抜けを想定した押し目拾いのスタンスは継続しておきたい。(村瀬智一)
《NH》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均