市場ニュース

戻る
2015年09月03日09時05分

【市況】個別銘柄戦略:外部環境改善でシクリカル銘柄への資金シフト強まるか関心も


外部環境の改善を映して買い先行の動きが想定されるが、本日は中国市場が休場などでリスク要因も乏しい。短期的な感覚での上値追いの動きは強まりやすいと考えられる。原油市況の上昇なども支援となり、これまで動きの鈍かったシクリカル銘柄のリバウンドに注目が向かう可能性も。個別で注目は、前日に月次発表のファストリなど。既存店はプラスに転じたものの、同業他社との比較ではポジティブなインパクトに乏しく、月次を評価する動きは限定的にとどまりそうだ。前日に堅調な動きであったのは陸運セクター、本日も日本通運<9062>やJR西日本<9021>など、アナリストの高評価銘柄を中心に見直しの動きが続くか。ドコモ<9437>などには2段階の投資判断格上げなどが観測されている。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均