市場ニュース

戻る
2015年09月02日08時07分

【材料】ヒューマンウェブ---今後2年間は投資、その後は飛躍的に成長を加速

Gオイスター 【日足】
多機能チャートへ
Gオイスター 【日中足】


ヒューマンウェブ<3224>は牡蠣主体のレストラン「ガンボ&オイスターバー」等を直営で展開。8月末で12ブランド29店舗。会員数30万人突破。「牡蠣の6次産業化」掲げ生産・加工施設を有し、卸売もてがけている。「陸上養殖事業」と「加工販売事業」に本格参入。独自のシステム(特許出願中)の浄化加工施設に加え、世界初となる海洋深層水を使った牡蠣の陸上養殖(特許出願中)の研究開発にも注力している。自社で牡蠣の種苗と、生産(海面養殖)もスタート。

2016年3月期は売上高で前期比21.1%増の46.65億円、経常利益で同51.0%増の0.90億円が見込まれている。現在の「直営店舗事業」と「卸売事業」に加え、「陸上養殖事業(沖縄・久米島にて、海洋深層水を利用した微細藻類を大量培養し、牡蠣の陸上養殖を事業化)」と「加工事業(岩手・大槌で、牡蠣のサプリメントなどの商品化に向けた牡蠣の高付加価値商品の開発)」に本格参入することから、2年間については成長に向けた戦略投資期間。2016年3月期に3億円、2017年3月期に6億円を投資する方針。その後は「ウィルスフリー牡蠣の陸上養殖の早期事業化」と「牡蠣の加工工場の稼動とコンシューマー市場への参入」で、飛躍的な成長を加速させる時期と位置付けられている。

なお、5月には株主優待制度(自社グループ直営店舗で使用できるポイント、もしくはポイント相当額の牡蠣商品)の新設を決定している。更に、3年以上継続して1,000 株以上所有の株主には、3月末と9月末に15,000相当分の牡蠣が贈呈される。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均