市場ニュース

戻る
2015年09月01日20時00分

【注目】【明日の好悪材料】を開示情報でチェック! (9月1日発表分)


 【好材料】  ――――――――――――

■伊藤園 <2593>
5-7月期(1Q)経常は2.3倍増益で着地。

■カワチ薬品 <2664>
8月の既存店売上高は前年比2.2%増。

■TSIHD <3608>
16年2月期第2四半期において、投資有価証券売却益22.6億円を特別利益に計上する。また、希望退職募集に528人が応じたことに伴い、特別加算金などの費用13億円を特別損失として計上する。

■ボヤージュ <3688> [東証M]
東証はボヤージュを8日付で市場1部に市場変更する。

■ソースネクス <4344>
同社が提供するアプリ「シフト勤務カレンダー」がNTTドコモ <9437> のスマートフォン用定額制サービス「スゴ得コンテンツ」に採用。

■アオイ電子 <6832> [東証2]
テラプローブ <6627> [東証M]のウエハレベルパッケージ事業を譲受する。対象事業の15年3月期の売上高は27.8億円。

■カッパHD <7421>
株主優待制度を拡充する。現行の食事券の贈呈から1ポイントを1円として利用できる株主優待ポイントカードの贈呈に切り替える。100株以上1000株未満保有の株主は現在の2500円分の食事券贈呈から、3000ポイントの贈呈に変更となり、優待金額が増加する。

■アイナボHD <7539> [JQ]
貸借銘柄に選定された。売買活性化と流動性の向上が期待される。

■ワークマン <7564> [JQ]
8月の既存店売上高は前年比5.1%増と2ヵ月連続で前年実績を上回った。

■コロワイド <7616>
連結子会社のアトム <7412> [東証2]株3100万株を売り出す。株式分布状況の改善および流動性向上を図る。

■松屋 <8237>
8月の銀座本店(銀座店と浅草店の合計)の売上高は34.7%増。うち銀座店は39.0%増と5ヵ月連続で前年を大幅に上回った。

■イズミ <8273>
広島・岡山などで64店舗を展開する食品スーパー・ユアーズを連結子会社化。

■イー・ギャラ <8771>
城北信用金庫と売掛債権保証サービスの紹介で業務提携した。

■社宅サービス <8945> [東証M]
中期経営計画を策定。20年6月期に営業利益12億円(前15年6月期実績は6億1200万円)を目指す。

■安田倉 <9324>
中国での物流事業の強化を目的に設立した中国子会社が営業を開始。

 【悪材料】  ――――――――――――

■シベール <2228> [JQ]
8月の売上高は前年同月比5.4%減。15年8月期の累計は同1.6%減の34億1500万円。

■システクアイ <2345> [東証2]
8月末の時価総額が10億円未満となった。東証の規定で9ヵ月以内に毎月の月間平均時価総額と月末時価総額が10億円以上にならない場合、上場廃止となる。

■インフォMT <2492> [東証M]
eBASE <3835> [JQ]からASP規格書システムの著作権を侵害しているとして、損害賠償10億円を求める訴訟を提起された。

■大王紙 <3880>
300億円の新株予約権付社債(転換社債=CB)を発行。調達資金は設備投資資金に約160億円、三島工場での黒液発電所プラント建設資金の一部に約90億円充て、残額を15年12月17日に償還期限を迎える普通社債の償還資金の一部に充てる。

■そーせい <4565> [東証M]
228万2500株の公募増資とオーバーアロットメントによる売り出しに伴う上限24万7500株の第三者割当増資を実施する。新株発行は最大で発行済み株式数の約18.3%におよぶ規模。発行価格は9月9日から14日までのいずれかの日に決定。最大で約127億5500万円の調達資金については、ヘプタレス社買収に伴う借入金200億円の一部返済資金などに充当する。

■ダイサン <4750> [東証2]
5-7月期(1Q)経常は16%減益で着地。

■テラプローブ <6627> [東証M]
上期最終を97%下方修正。ウエハレベルパッケージ事業をアオイ電子 <6832> [東証2]に譲渡する。

■アトム <7412> [東証2]
親会社のコロワイド <7616> による3100万株の売り出しとオーバーアロットメントによる上限400万株の売り出しを実施。売り出し株数は最大3500万株で発行済み株式数の約19.1%に相当する。

■スズデン <7480>
8月の売上高は前年同月比1.7%減と今期に入り初めて前年実績を下回った。

■京都友禅 <7615>
8月の受注高は前年同月比16.2%減。

■内田洋 <8057>
今期経常は4%減益へ。

■トーホー <8142>
今期経常を一転4%減益に下方修正。

■ながの東急 <9829> [JQ]
今期経常を31%下方修正。

 【好悪材料が混在】 ―――――――――

■オプティム <3694> [東証M]
同社の菅谷俊二社長による55万8500株の売り出しとオーバーアロットメントによる上限5万5800株の売り出しを実施。売り出し株数は最大61万4300株で発行済み株式数の約9.3%に相当する。また、東証1部または2部への市場変更を申請した。

■ゼネラルパ <6267> [JQ]
今期経常は22%減益、実質減配へ。また、16年1月31日現在の株主を対象に5→1の株式併合と1000株→100株への単元株変更を実施する。最低投資金額は現在の5分の1に低下する。

※9月1日大引け後の発表分を一部抜粋。一部プレスリリースなど含む
[2015年9月1日]

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均