市場ニュース

戻る
2015年09月01日09時01分

【市況】個別銘柄戦略:主力株から中小型株への資金シフトは一段と鮮明化も


米国株安、円高などを映して売りが先行する展開となろうが、その後は中国の経済指標発表、その後の株価動向を見極めたいとする動きが優勢に。本日は政府、民間ともにPMIを発表予定。中国関連の動きを左右することになろう。前日は日経平均が下落するなか、2部指数、ジャスダック平均、マザーズ指数ともに上昇、主力大型株から中小型株への資金シフトが進んできているが、本日は月初となり、さらに短期資金は動きやすくなろう。一段と中小型株への物色シフトが想定される。個別では、東芝<6502>の動向に関心が向かう。アク抜け期待の後退のみならず、短期的には不透明感のさらなる強まりにつながろう。ほか、原油市況が連日の上昇となっており、原油高メリット、デメリット銘柄のは行色などは強まる公算だ。

《KS》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均