市場ニュース

戻る
2015年09月01日04時15分

【為替】8月31日のNY為替概況(訂正)


下記のとおり修正します。
(誤)120円08銭へ下落後
(正)121円08銭へ下落後

 31日のニューヨーク外為市場でドル・円は、121円08銭へ下落後、121円42銭まで上昇し、121円15銭へ軟化して引けた。

予想を下振れた米国の8月シカゴ購買部協会景気指数、ダラス連銀製造業活動指数を嫌ったドル売りが優勢となったのち、月末の実需のドル買いに下値が支えられたほか、フィッシャー米FRB副議長がジャクソンホールの年次シンポジウムでの講演で9月の利上げの可能性を否定しなかったためドル買いが継続した。

ユーロ・ドルは、1.1244ドルから1.1180ドルまで下落して1.1225ドルで引けた。月末で実需のドル買いが優勢となった。ユーロ・円は、136円27銭から135円68銭へ下落。

ポンド・ドルは、1.5420ドルから1.5339ドルまで下落した。

ドル・スイスは、0.9633フランから0.9690フランまで上昇した。



[経済指標]・米・8月シカゴ購買部協会景気指数:54.4(予想:54.5、7月:54.7)・米・8月ダラス連銀製造業活動指数:-15.8(予想:-4.0、7月:-4.6)

《KY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均