市場ニュース

戻る
2015年08月31日14時02分

【市況】中国株下落の本番はこれから、「暴落の歴史」はリバウンド後に一段と暴落

 相場は過去の相場を繰り返す、市場関係者の間では誰でも知っている名文句だ。中国株下落には当局の介入により、なんでもありの株価支え対策が行われているが、「無理やり支えた相場はいつまでも続かない」とみる関係者が多い。
 三菱UFJモルガン・スタンレー証券では、「暴落の歴史」が教えるリバウンド後の暴落とリポートで紹介している。同証券では上海総合指数の最終ターゲットを1400ポイント、時期は2016年6月ごろとしており、中国株の下落本番は2016年にやってくる可能性が高く、今後の下落に警戒心とコメントしている。
《MK》

株探ニュース


日経平均