市場ニュース

戻る
2015年08月31日11時06分

【材料】日清粉Gは売り一巡後戻す、バンクーバー近郊工場の生産能力を約80%増強

日清粉G 【日足】
多機能チャートへ
日清粉G 【日中足】

 日清製粉グループ本社<2002>は堅調、一時前週末比31円安の1644円まで売られた後は戻す動き。同社は28日、海外子会社のロジャーズ・フーズ社のチリワック工場(カナダ・バンクーバー近郊)に新ラインを増設し、生産能力を約80%増強することを発表した。北米西海岸地域は人口が多く、加えて日本の食文化が浸透している有望な市場であることから、今回の増産により、これに対応する。これにより、ロジャーズ社全体の能力は日産770トン(約50%能力増)となる。

日清粉Gの株価は11時6分現在1674円(△1円)


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均