市場ニュース

戻る
2015年08月27日13時30分

【経済】米9月利上げは既定路線か


 NY連銀のダドリー総裁は26日の記者会見で「9月の連邦公開市場委員会(FOMC)で金利正常化のプロセス開始を決定する論拠は数週間前に比べてやや弱くなっている」と語った。しかしながら、ダドリー総裁は「国際情勢や金融市場の動向に関する情報がより多く入手できるため、FOMC会合までに正常化への論拠が強まる可能性もある」、「年内に利上げできるようになることを強く望んでいる」と述べている。

 ダドリー総裁は9月利上げについてやや慎重になっていることは否めないが、利上げを否定しているわけではない。9月の利上げ開始は既定路線とみるべきだろう。中国株の動向が米9月利上げの可否に重大な影響を及ぼすとの見方は少なくないが、ダドリー総裁は「FRBの利上げは指標次第」と述べている。9月4日に発表される8月雇用統計が悪化していなければ、9月の利上げ開始は確定的となるだろう。
《MK》

 提供:フィスコ

日経平均