市場ニュース

戻る
2015年08月25日15時20分

【経済】政治から読み解く【経済と日本株】民主・金子議員:対策のパッケージを検討しておくべきだと思います


民主党の金子議員は「財務大臣、経財大臣ともに今回の為替、株価の動きには楽観的なコメントをしていますが、これには賛成できません。対策のパッケージを検討しておくべきだと思います。」ツイート(8/25)。

25日の東京市場でも株安は止まらず、日経平均株価は一時プラス圏に戻したものの、700円超の下げに転じている。株安は短期間で終了するとの見方が多かったようだが、中国経済の成長鈍化に対する投資家の警戒感は残されており、米国経済に与える影響は予想以上に大きなものになるとの見方が増えている。この影響は日本にも及ぶことになる。


主要国の株安は月内で一段落するとの見方はまだ残されているが、中国経済の持続的な成長への期待は大幅に低下したとの声が聞かれている。市場参加者の間では、「大型補正予算編成、日銀による追加緩和、米国の利上げ延期」の3点セットが想定されつつあるようだ。

《MK》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均