市場ニュース

戻る
2015年08月25日11時41分

【材料】コナミ、プラススタートも続落、国内大手証券はレーティングを格上げ

コナミHD 【日足】
多機能チャートへ
コナミHD 【日中足】

 コナミ<9766>が続落。前日比6円高の2429円でスタートしたものの、マイナス圏に転落。安いところでは2355円まで売り込まれる場面があった。
 SMBC日興証券では、9月発売予定の「メタルギアソリッドVファントムペイン」や「Pro Evolution Soccer 2016(日本名:ウイニングイレブン2016)」により、「ゲームソフト需要回復局面のメリットを享受するタイミングが近い」と指摘。モバイルコンテンツなどの貢献により増益基調が続くと予想し、「スマートフォンネイティブゲーム市場拡大や家庭用ゲームソフト需要回復、ダウンロードコンテンツ市場拡大などゲーム関連業界に起きている変化の波に乗る準備が整った」とみて、目標株価までの上昇余地33.3%はセクター中央値11.1%を大幅に上回ると分析。
 レーティングを「2」から「1」へ、目標株価を2550円から3400円に引き上げている。
《MK》

株探ニュース



日経平均