市場ニュース

戻る
2015年08月25日10時23分

【経済】中国株の急落:経済危機を引き起こさない、IMFの見方に賛同=メルケル独首相


ドイツのメルケル首相はこのほど、中国の株式市場の急落について、危機の予兆ではないとの国際通貨基金(IMF)の見方に賛同すると発言した。また、中国政府が経済の安定成長を維持するため、関連対策を講じると予測し、欧州連合(EU)にとって中国は重要な経済的パートナーであることを改めて強調した。

また、フランスのオランド大統領もメルケル首相の意見に賛同し、中国当局が株式市場の乱高下の対応策を見つけられるとの見方を示した。

《ZN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均