市場ニュース

戻る
2015年08月25日09時29分

【市況】日経平均は369円安で大幅続落スタート、下落幅は700円を超え18000円を割り込む/寄り付き概況


日経平均 : 18171.66 (-369.02)
TOPIX  : 1450.98 (-29.89)

[寄り付き概況]

 日経平均は大幅続落。18171円で取引を開始した後は、不安定な中で18000円を割り込んできており、下落幅は700円を超えてきている。アジア株安の流れを受けた週明けの米国市場は、NYダウが一時1000ドルを超える下落となった。取引量の急増と荒い値動きによって、米国株とETFの取引が1200回以上中断するなど波乱の展開だった。

 セクターでは東証33業種全てが下げており、鉱業、鉄鋼、証券の下落率が5%を超えているほか、石油石炭、卸売、非鉄金属、倉庫運輸、ゴム製品、不動産、海運、機械、ガラス土石、水産農林、電力ガスなどが4%を超えている。一方で、下落率の小さいところでは、原油安の流れを受けた空運のほか、円高を背景としたパルプ紙などの下落幅は相対的に小さい。東証1部の騰落銘柄は、値下がり数が1800を超えており、全面安商状に。
《SY》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均