市場ニュース

戻る
2015年08月24日19時01分

【市況】世界株安展開変わらず日本株全面安展開、日経平均はマイナス4.6%と今年最大の下げ

<魁:兜町レポート>再開号
◆24日の東京株式市場で、日経平均株価は前週末比895円15銭(4.6%)安の1万8540円68銭と前週末の大幅下げをさらに上回る今年最大の下げとなり5日続落した。東証1部の99.4%となる1880銘柄が下げる全面安展開(値上がりは8銘柄)となり、国内トップ企業の●トヨタ(7203)が506円(6.7%)安の6994円と大幅に下げ幅を拡大し、昨年11月以来の7000円割れと安値引けとなったことが象徴する「異常な事態」展開となった。前週末の欧米株式市場がそろって続落基調となったうえ、先に連日で金利を引き下げて今回の世界同時株安の引き金を引いたのは中国の経済減速懸念だが、その後、中国株の株価続落基調は止まず、上海総合指数はこの日、一時9%下落となるなどアジア株も全面安商状となり、世界的なリスク回避の波が広がった格好に。東京市場では、年初来安値更新銘柄は全体の27.8%にあたる526と拡大した。世界同時株安から抜け出すカギを握るのはやはり、中国か利上げ観測が頭によぎるアメリカか?東京に期待したいが・・。この日の業種別株価指数は全業種が下落したが、値下がり率1位は銀行7.83%の大幅続落で4月1日以来の低水準に下落。2月以来の200割れが目前となり、昨年10月後半以来10ヵ月ぶりに長期線割れとなった。2位には不動産が7.72%安、3位鉄鋼7.00%安と続いた。一方、値下がり率下位順で1位の水産・農林でも3.96%の大幅5日続落となった。
◆そんな状況下とあって、当欄チェック銘柄も完敗・・。唯一、前日に1200円超の大幅続落となった神戸物産(3038)が130円高の1万1680円引けとなったことが救いといえるが、明日は?と厳しい結果!「相場は大きな流れに逆らわず」という。中途半端に落下中の投資家の「意志ある」株価に逆らわず、全般落ち処が見え始めた頃に腰を上げたい。さて、全般反発初動に乗るか、それとも、数日の反発ぶりを見た後に出動するか?海外相場展開と日本株が引き続き同時進行していくのか?!日本株が先行して出立するか不明だが、個別銘柄では「期を見て打診買い」を入れるタイムングをはかり始める準備をしても良いのではないか、さて?そのひとつの銘柄が神戸物産といえる。18日発表の7月既存店月次出荷実績は前年同月比2.8%増と今期に入り唯一マイナスとなった3月以外では最低となったものの増収確保が続く。日経平均の2万円回復は?日経電子版アンケートでは当面は1万9000円台ボックス圏推移が多かったと記していた。が、個別銘柄でも自分得意の銘柄に絞って打診買いを入れるか?●それとも、トヨタなどトップ銘柄群の中から買い場を探したい。筆者長年の注目銘柄では長期線200線、52週線が下値に控えているプリマハム(2281)の買いや、ここから一段安場面を見た時の東急(9005)など当欄トップ注目株群の買いを引き続き考えたい。

日経平均