市場ニュース

戻る
2015年08月24日15時41分

【市況】日経平均は大幅に5日続落、下げ幅は一時900円超に拡大し19000円割れ/相場概況


日経平均は大幅に5日続落。21日の米国市場では、アジア・欧州株が全面安となったことに加え、NY原油先物相場が6年ぶりに40ドルを割り込んだことも嫌気され、NYダウは530ドル安と大幅に下落した。こうした流れを受けて、日経平均は360円安からスタートすると、朝方は19000円水準での攻防となった。注目された上海総合指数は3.8%安で取引を開始したが、その後下落率は9%に達する場面があった。東京市場でもリスク回避の動きが強まり、日経平均は下げ幅を一時900円超に広げた。

大引けの日経平均は前週末比895.15円安の18540.68円となった。東証1部の売買高は39億4933万株、売買代金は4兆1075億円だった。業種別では、全33業種がマイナスとなり、銀行業、不動産業、鉄鋼は7%を超える下落となった。

個別では、トヨタ自<7203>が7%近く下げ年初来安値を更新したほか、三菱UFJ<8306>、三井住友<8316>、みずほ<8411>といったメガバンク株はいずれも8%超の下落。東電力<9501>、ソニー<6758>、任天堂<7974>、三井不<8801>なども8%前後下げた。また、エイチーム<3662>、enish<3667>、アドバネクス<5998>などが東証1部下落率上位となった。一方、東証1部値上がり銘柄は、一工薬<4461>、サッポロHD<2501>、Jパイル<5288>、アグロカネショ<4955>などわずか8銘柄にとどまった。
《HK》

 提供:フィスコ

日経平均