市場ニュース

戻る
2015年08月24日07時06分

【市況】NY金先物週間見通し:上昇一服か、中国株反転の可能性残る


■NY金先物
安値:1,108.50ドル
高値:1,167.90ドル
終値:1,159.60ドル
前週末比(騰落率):4.21%

■上昇、ユーロ高・米ドル安の進行などが意識される

NY金先物は上昇。主要国の株安を警戒して米国の9月利上げ観測は後退し、投資家の金買いが活発となった。ユーロ高・米ドル安が進行したことも支援材料となった。原油安が多少嫌気される場面があったが、米長期金利が低下したことで安全逃避的な金買いは後退しなかった。


■上昇一服か、中国株反転の可能性残る

想定レンジ:1,130.00~1,190.00ドル

NY金先物は上昇一服か。主要国の株安を意識したリスク回避的な金買いがただちに縮小する可能性は低いとみられる。ただし、何らかの要因で中国株が反転した場合、欧米主要国の株高につながり、この動きをにらんでリスク回避の金買いは一服する可能性がある。

《TN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均