市場ニュース

戻る
2015年08月21日08時14分

【経済】(中国)20日の上海総合指数は大幅反落、一段の元安懸念が高まる


20日の中国本土市場では、上海総合指数は前日比3.42%安の3664.291と反落し、再び3700pt大台を割り込んで引けた。オフショアの為替市場で人民元安・米ドル高の傾向が目立っており、一段の元安に伴う資金の流出懸念が高まったもようだ。一方、金融緩和期待から指数は一時前日の終値近辺まで回復する場面もあった。この日の上海A株の売買代金は5071億4000万元(前日は5991億600万元)だった。

《ZN》

 提供:フィスコ

日経平均