市場ニュース

戻る
2015年08月21日07時53分

【材料】日本ラッド---クラウド、ビックデータ、医療分野ITに注力

日本ラッド 【日足】
多機能チャートへ
日本ラッド 【日中足】


日本ラッド<4736>はBI(ビジネスインテリジェンス)ソリューションやセキュリティパッケージ製品のカスタマイズ・自社開発などを行うプロダクトマーケティング事業、各種業務系システムの受託開発を行うビジネスソリューション事業などを展開している。足もとでは先期に排熱型データセンター事業を一部減損処理した上で、顧客のクラウド化推進事業、インメモリデータベースのトップブランドであるTM1を20年近く取り扱ってきた経験をベースとしたビッグデータ事業、病院向け受付・表示システムや検査システムに代表される、患者にやさしい医療を実現するためのIT面からの支援に注力している。

2016年3月期は売上高で前期比21.5%増の37.46億円、経常利益で1.90億円(前期は2.84億円の赤字)が見込まれている。不振であったディスプレイ、メディカル機器事業が盛り返すことで、大幅な回復が予想されている。

《SF》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均