市場ニュース

戻る
2015年08月20日17時18分

【市況】相場概況と投資格言(売るべし買うべし休むべし)


日経平均は3日続落。19日の米国市場では、中国経済の減速懸念を背景に原油価格が6年ぶりの安値を更新したことなどが嫌気され、NYダウが162ドル安となった。こうした流れを受けて日経平均は28円安からスタートしたが、前場は上海総合指数の下落などもあり下げ幅を拡大する展開となった。ランチタイムには先物に買戻しとみられる買いが入り、日経平均は後場の寄り付き後に一時プラスへと切り返す場面があった。その後はじりじりと下げ幅を広げた。

■売るべし買うべし休むべし
売買をしていないと儲けを損なうのではないかと思いがちだが、休むことも投資の重要な要素だという格言。売買の後、行った売買の分析や、相場動向を改めて確認するためにも、焦らず休むことも重要との格言。

《KS》

 提供:フィスコ

日経平均