市場ニュース

戻る
2015年08月20日13時09分

【材料】ザインエレクトロニクス---産業機器向けに独自の新インターフェースを量産開始

ザイン 【日足】
多機能チャートへ
ザイン 【日中足】


ザインエレクトロニクス<6769>は20日、独自の新インターフェース製品を産業機器向けに量産開始したと発表した。同社は高解像度の動画像データをケーブル本数少なく送受信するなど高速伝送に定評があり、今回の製品は低速伝送が必要な産業機器のスイッチやLED点灯などの仕組みを簡素化し低コスト化できるとのこと。

I/OSpreaderと呼ばれるこの技術は、従来スイッチング信号などで最大16本必要とされた伝送ケーブルを1本に集約でき、アミューズメントなどの分野で既に量産出荷を開始した。100mに及ぶ長距離伝送も可能であることから機器の可動場所と操作場所が離れるような産業用途でも利用できるとの特徴もある。今後、ラインアップを拡充し、広範な伝送システムに付加価値を提供していきたい意向。

《HN》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均