市場ニュース

戻る

【材料】プロルートがストップ高、免税販売小売事業の開始を好感 中国シンクタンクと提携   

プロルート 【日足】
多機能チャートへ
プロルート 【日中足】
 プロルート丸光<8256>はストップ高。株価は値幅制限いっぱいの前日比30円(36.6%)高の112円まで買われている。17日の取引終了後、中国国有シンクタンクの日本支社である「道紀忠華シンクタンク」と、訪日外国人旅行者の誘致に関するコンサルティング業務、委託先の選定などで業務提携すると発表。新たな収益の柱として免税販売小売事業部を「新規事業部」として新設し、同事業を始めることを明らかにした。この日は、訪日外国人の需要を取り込むインバウンド関連銘柄として買い人気が広がった。
  なお、同社は消費増税後の消費の冷え込みや天候不順などで、15年3月期の連結業績予想の下方修正も発表。最終損益は4000万円の黒字予想から2億4700万円の赤字(前期は5億7600 万円の赤字)へ見直している。

プロルートの株価は9時50分現在112円(△30円)カイ気配


出所:株経通信(株式会社みんかぶ)

日経平均