市場ニュース

戻る
2013年11月01日15時21分

【注目】話題株ピックアップ【夕刊】(2):コーセー、TOTO、CKD、タツタ

■コーセー <4922> 3,025円  +156 (+5.4%)   本日終値
 31日に決算を発表。「今期経常を一転13%増益に上方修正」が好感された。
 コーセー <4922> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。14年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比2.6倍の82.8億円に急拡大した。
  ⇒⇒コーセーの詳しい業績推移表を見る

■TOTO <5332> 1,447円  +63 (+4.6%)   本日終値
 10月31日、TOTO <5332> が14年3月期の連結経常利益を従来予想の355億円→409億円に15.2%上方修正。増益率が36.1%増→56.8%増に拡大し、従来の24期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せしたことが買い材料。今期業績の上方修正は7月に続き、2回目。主力の国内住設事業で消費増税前の駆け込み需要や景気回復を背景に、新築・リフォーム向けに好採算の高機能な衛生陶器などが好調なことが利益を押し上げる。業績上振れに伴い、今期の年間配当を16円→20円(前期は14円)に増額修正したことも買い気を誘った。

■CKD <6407> 924円  +15 (+1.7%)   本日終値
 10月31日、CKD <6407> が14年3月期の連結経常利益を従来予想の60億円→76億円に26.7%上方修正。増益率が70.6%増→2.2倍に拡大する見通しとなったことが買い材料。薬品自動包装システムの販売が好調に推移する中、原価低減や円安による採算改善が利益を押し上げる。業績好調に伴い、今期の年間配当を14円→16円(前期は10円)に増額修正したことも買いに拍車を掛けた。

■タツタ電線 <5809> 592円  -100 (-14.5%) ストップ安    本日終値  東証1部 下落率3位
 31日に決算を発表。「上期経常が15%減益で着地・7-9月期も33%減益」が嫌気された。
 タツタ <5809> が10月31日大引け後(15:00)に決算を発表。14年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比14.6%減の26.8億円に減り、通期計画の45.5億円に対する進捗率は5年平均の93.3%を下回る58.9%にとどまった。
  ⇒⇒タツタ電線の詳しい業績推移表を見る

■ソニー <6758> 1,668円  -209 (-11.1%)   本日終値  東証1部 下落率10位
 10月31日、ソニー <6758> が14年3月期の連結最終利益を従来予想の500億円→300億円(前期は430億円)に40.0%下方修正し、一転して30.3%減益見通しとなったことで失望売りが殺到した。液晶テレビやデジタルカメラなどエレクトロニクス製品の販売計画を下方修正したことで、売上高が従来予想を下回ることが響く。イメージセンサーの売上も想定を下回り、デバイス分野の営業利益が大幅に下振れすることなども減益につながる。

■ナブテスコ <6268> 2,135円  -256 (-10.7%)   本日終値
 31日に決算を発表。「今期経常を12%下方修正」が嫌気された。
 ⇒⇒ナブテスコの詳しい業績推移表を見る

■トリドール <3397> 833円  -91 (-9.9%)   本日終値
 31日に決算を発表。「今期最終を一転91%減益に下方修正、配当も10円減額」が嫌気された。
 トリドール <3397> が10月31日大引け後(16:00)に決算を発表。14年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結最終利益は前年同期比68.5%減の6.8億円に大きく落ち込み、従来予想の19.1億円を下回って着地。業績悪化に伴い、期末一括配当を従来計画の17円→7円(前期は16.5円)に大幅減額修正した。
  ⇒⇒トリドールの詳しい業績推移表を見る

■アプラスフィナンシャル <8589> 150円  -11 (-6.8%)   本日終値
 31日に決算を発表。「上期経常は25%減益で下振れ着地」が嫌気された。
 アプラス <8589> が10月31日大引け後(17:00)に決算を発表。14年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比25.0%減の32.1億円に減り、従来予想の41億円を下回って着地。
  ⇒⇒アプラスフィナンシャルの詳しい業績推移表を見る

■リコー <7752> 964円  -69 (-6.7%)   本日終値
 31日に決算を発表。「上期税引き前の対通期進捗は過去平均を下回る」が嫌気された。
 リコー <7752> が10月31日大引け後(15:00)に決算(米国会計基準)を発表。14年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結税引き前利益は前年同期比81.2%増の443億円に拡大したが、通期計画の1350億円に対する進捗率は32.9%にとどまり、5年平均の76.9%も下回った。
  ⇒⇒リコーの詳しい業績推移表を見る

■レオン自動機 <6272> 366円  +80 (+28.0%) ストップ高    本日終値  東証1部 上昇率トップ
 31日に業績修正を発表。「上期経常を2.9倍上方修正、通期も増額」が好感された。
 レオン <6272> が10月31日大引け後(15:15)に業績修正を発表。14年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の4.5億円→12.8億円(前年同期は2.8億円)に2.9倍上方修正し、増益率が59.0%増→4.5倍に拡大する見通しとなった。
  ⇒⇒レオン自動機の詳しい業績推移表を見る

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均