市場ニュース

戻る

【決算】兼松、今期税引き前は3%増で3期連続最高益、前期配当を10円増額・今期も60円継続へ

兼松 【日足】
多機能チャートへ
兼松 【日中足】
 兼松 <8020> が5月10日後場(13:00)に決算(国際会計基準=IFRS)を発表。19年3月期の連結税引き前利益は前の期比12.0%増の291億円になり、20年3月期も前期比2.8%増の300億円に伸びを見込み、3期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。3期連続増収、増益になる。

 同時に、前期の年間配当を50円→60円(前の期は34円)に増額し、今期も60円を継続する方針とした。

 直近3ヵ月の実績である1-3月期(4Q)の連結税引き前利益は前年同期比7.1%増の82.8億円に伸び、売上営業利益率は前年同期の3.8%→4.6%に改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社は、株主の皆様に対する利益還元を経営の重要課題と認識しており、将来の成長投資のための適正な内部留保とのバランスを考慮しながら、業績に裏付けられた利益配分を行うことを基本と考えております。また、配当につきましては、中期ビジョン「future 135」において、"総還元性向25~30%"を目処とし、安定的かつ継続的に実施することを目標に掲げております。 »続く

日経平均