市場ニュース

戻る
2018年07月23日15時00分

【決算】塩野義、上期経常を12%上方修正、通期も増額

塩野義 【日足】
多機能チャートへ
塩野義 【日中足】
 塩野義製薬 <4507> が7月23日大引け後(15:00)に業績修正を発表。19年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益を従来予想の545億円→610億円(前年同期は655億円)に11.9%上方修正し、減益率が16.9%減→7.0%減に縮小する見通しとなった。
 上期業績の好調に伴い、通期の連結経常利益も従来予想の1400億円→1440億円(前期は1386億円)に2.9%上方修正し、増益率が0.9%増→3.8%増に拡大し、従来の7期連続での過去最高益予想をさらに上乗せした。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  当社では、注力している抗インフルエンザウイルス薬ゾフルーザ(R)について、第III相臨床試験(CAPSTONE-2試験)が順調に進展し、7月17日に本試験の主要目的を達成したことをお伝えしました。これに伴い、下期に予想していた提携先であるRoche社からのマイルストンおよび研究開発の成果への報酬を第2四半期に前倒しで受領する見込みとなりました。また、米国»続く
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均