市場ニュース

戻る

【決算】日清紡HD、前期経常を3%下方修正

日清紡HD 【日足】
多機能チャートへ
日清紡HD 【日中足】
 日清紡ホールディングス <3105> が4月26日大引け後(16:00)に業績修正を発表。18年3月期の連結経常利益を従来予想の200億円→195億円(前の期は105億円)に2.5%下方修正し、増益率が89.5%増→84.7%増に縮小する見通しとなった。ただ、通期の連結最終利益は従来予想の200億円→260億円(前の期は35.7億円)に30.0%上方修正し、増益率が5.6倍→7.3倍に拡大し、従来の11期ぶりの過去最高益予想をさらに上乗せした。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常利益も従来予想の170億円→165億円(前年同期は99.9億円)に2.9%減額し、増益率が70.3%増→65.3%増に縮小する計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 エレクトロニクス事業の日本無線(株)の売上が減少するなど、売上高は予想を下回っているものの、固定費削減効果等により営業利益、経常利益はおおむね予想通りとなる見込みです。一方、日本無線(株)完全子会社化による非支配株主に帰属する当期純利益の減少や法人税等の減少等により、親会社株主に帰属する当期純利益は予想を上回る見込みとなったため、上記のとおり連結業績予想を»続く

日経平均