市場ニュース

戻る
2016年10月31日14時20分

【決算】住友精、今期経常を一転赤字に下方修正、配当も2円減額

住友精 【日足】
多機能チャートへ
住友精 【日中足】
 住友精密工業 <6355> が10月31日後場(14:20)に決算を発表。17年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常損益は12.7億円の赤字(前年同期は7.4億円の赤字)に赤字幅が拡大し、従来の5.5億円の赤字予想からも赤字幅を拡大して着地。
 併せて、通期の同損益を従来予想の12.5億円の黒字→14億円の赤字(前期は3.2億円の黒字)に下方修正し、一転して赤字見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益は1.2億円の赤字(前年同期は10.6億円の黒字)に転落する計算になる。

 業績悪化に伴い、今期の年間配当を従来計画の7円→5円(前期は7円)に減額修正した。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常損益は6.3億円の赤字(前年同期は3.5億円の赤字)に赤字幅が拡大し、売上営業損益率は前年同期の0.1%→-1.4%に悪化した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
  上半期は、航空宇宙事業を主体とする販売の落ち込みを営業利益段階においては合理化等で挽回したものの、経常利益および当期純利益は為替変動の影響により損失を拡大させることとなりました。 通期につきましては、それらに加えて、原油安の長期化等に伴うアジア地域を主体とした液化天然ガス(LNG)輸入量の伸びの鈍化、並びに鉄鋼・石油化学分野における需給緩和の継続等により»続く

日経平均