市場ニュース

戻る
2016年01月14日15時00分

【決算】くろがね工作所、前期経常を一転15%減益に下方修正

くろ工 【日足】
多機能チャートへ
くろ工 【日中足】

 くろ工 <7997> [東証2] が1月14日大引け後(15:00)に業績修正を発表。15年11月期の連結経常利益を従来予想の2億2000万円→1億4600万円(前の期は1億7200万円)に33.6%下方修正し、一転して15.1%減益見通しとなった。ただ、通期の連結最終利益は従来予想の1億9000万円→2億4200万円(前の期は1億1600万円)に27.4%上方修正し、増益率が63.8%増→2.1倍に拡大する見通しとなった。

 会社側が発表した下方修正後の通期計画に基づいて、当社が試算した6-11月期(下期)の連結経常利益も従来予想の1億0900万円→3500万円(前年同期は7300万円)に67.9%減額し、一転して52.1%減益計算になる。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 売上高につきましては、金融機関等の大口受注案件の完工時期が翌期に遅延したこと等の影響により当初予想を下回ることとなりました。利益面につきましては、円安の進行に伴う輸入資材等のコスト高が続き営業利益、経常利益とも当初予想を下回りました。当期純利益につきましては、特別利益として投資有価証券売却益の計上と上記「1.繰延税金資産の計上について」に記載のとおり法人税»続く

【関連記事・情報】

日経平均