市場ニュース

戻る
2015年10月30日16時30分

【決算】京福電気鉄道、今期経常を一転21%増益に上方修正・最高益更新へ

京福電 【日足】
多機能チャートへ
京福電 【日中足】

 京福電 <9049> [東証2] が10月30日大引け後(16:30)に決算を発表。16年3月期第2四半期累計(4-9月)の連結経常利益は前年同期比99.1%増の7億円に拡大した。
 併せて、通期の同利益を従来予想の4.4億円→5.6億円(前期は4.6億円)に27.3%上方修正し、一転して20.7%増益を見込み、2期連続で過去最高益を更新する見通しとなった。

 会社側が発表した上期実績と通期計画に基づいて、当社が試算した10-3月期(下期)の連結経常損益は1.4億円の赤字(前年同期は1.1億円の黒字)に転落する見通しとなった。

 直近3ヵ月の実績である7-9月期(2Q)の連結経常利益は前年同期比2.2倍の4.5億円に急拡大し、売上営業利益率は前年同期の7.2%→13.9%に急改善した。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
   個別につきましては、繰り延びていた諸経費の発生により営業費の増加を見込む一方で、下半期以降もインバウンド需要により嵐山線収入および嵐山駅はんなり・ほっこりスクエアの売り上げが堅調に推移することが予想されるため、増益となる見込みです。  連結につきましても、個別に加え、下半期以降も北陸新幹線の延伸効果による北陸方面の観光需要の増加や燃料費の減少が予想され»続く

日経平均