市場ニュース

戻る
2015年10月27日15時00分

【決算】東映アニメーション、今期経常を63%上方修正・4期ぶり最高益更新へ

東映アニメ 【日足】
多機能チャートへ
東映アニメ 【日中足】

 東映アニメ <4816> [JQ] が10月27日大引け後(15:00)に業績修正を発表。16年3月期の連結経常利益を従来予想の43億円→70億円(前期は39.7億円)に62.8%上方修正し、増益率が8.1%増→76.0%増に拡大し、4期ぶりに過去最高益を更新する見通しとなった。
 同時に、4-9月期(上期)の連結経常利益も従来予想の31億円→53億円(前年同期は21億円)に71.0%上方修正し、増益率が47.2%増→2.5倍に拡大し、従来の4期ぶりの上期の過去最高益予想をさらに上乗せした。

株探ニュース


会社側からの【修正の理由】
 平成27年7月31日付で「業績予想の修正に関するお知らせ」を発表いたしましたが、引き続き国内外で「ドラゴンボール」シリーズのゲームや関連商品が予想を上回って好調に稼動したことに加え、中国向けで映像配信権許諾や「ワンピース」のゲームが好調に推移したことから、第2四半期連結累計期間の売上高につきましては、前回予想を大幅に上回り、過去最高となる見込みです。利益に»続く

【関連記事・情報】

日経平均