銘柄ニュース

戻る

LastRoots社、オウケイウェイヴへの第三者割当増資【フィスコ・仮想通貨速報】


仮想通貨取引所c0banを運営するLastRoots社が、25日の臨時株主総会でオウケイウェイヴ<3808>を引受先とする3.5億円の第三者割当増資を決議したことを発表した。

c0ban取引所は2017年3月にオープンし、現在は仮想通貨交換業者の登録申請を提出して審査中のいわゆる「みなし仮想通貨交換業者」である。今年1月に日本最大級の Q&A サイト「OKWAVE」を運営するオウケイウェイヴと業務提携し、2月にはオウケイウェイヴが同社の株のうち34.15%を取得した。それまでLastRoots社に対してはSBIホールディングス<8473>が子会社を通じて3割程度出資していたが、SBIホールディングスは保有していた株式を全てオウケイウェイヴに売却したと報じられている。

オウケイウェイヴは以前より、サイト「OKWAVE」上で良質な回答をよせた御礼としてユーザー間でビットコインを贈ることのできる仕組みを導入するなど仮想通貨に積極的に取り組んできた。公式発表では今回の第三者割当増資によって、両社のサービスの連携を速やかに図ることを目指すとしている。

《SI》

 提供:フィスコ

日経平均