銘柄ニュース

戻る

日経平均テクニカル:4日続伸、一目均衡表は引き続き買い手優位


21日の日経平均は4日続伸し、心理的な節目の21500円を一時上回った。75日線が上向きとなるなか、ローソク足は陽線を引いた。また、上向きの5日線を4日連続で上回り、上昇トレンドの継続を示唆する格好に。日足ベースの一目均衡表では、日々線は雲上限で推移。転換線と基準線はともに上向きを維持したほか、株価上を走る遅行線は乖離幅一段と広げ、引き続き買い手優位の地合いを示した。ボリンジャーバンドでは、上向きの+2σ絡みで推移し、レンジの上方拡張局面の継続が意識される形に。
《FA》

 提供:フィスコ

日経平均