複合店関連が株式テーマの銘柄一覧

異なる業種の店舗を組み合わせた店舗のこと。複合店化することで集客力を高めより多くの消費需要を取り込むことができるほか、店舗内の滞留時間を長くし売り上げの拡大を図ることができるなどシナジーが得られるのが特徴。複数の店舗を組み合わせるため、ある程度の面積または容積が必要となる。

時価総額別

(単位:億円)
コード
銘柄名 市場   株価
  前日比
ニュース PER
PBR
利回り
2769 ヴィレッジV 東S 1,040 -5 -0.48% 52.3 1.08
3058 三洋堂HD 東S 887 -1 -0.11% 2.22
3094 スーパーV 東S 797 -4 -0.50% 139 1.96 1.25
3326 ランシステム 東S 368 +3 +0.82% 11.67
3932 アカツキ 東P 2,184 -29 -1.31% 0.74
6670 MCJ 東S 980 +19 +1.98% 9.4 1.53 3.37
7416 はるやまHD 東S 436 +3 +0.69% 35.7 0.32 3.56
7640 トップカルチ 東S 204 +2 +0.99% 51.4 0.67 2.94
8214 AOKIHD 東P 671 +2 +0.30% 13.9 0.45 2.53
8219 青山商 東P 954 -3 -0.31% 13.2 0.30 2.20
9978 文教堂GHD 東S 42 0 0.00% 18.0 1.54
※市場略称:「東P」:東証プライム、「東S」:東証スタンダード、「東G」:東証グロース、「東E」:東証ETF、「東EN」:東証ETN、「東R」:東証REIT、「東IF」:東証インフラファンド、「名P」:名証プレミア、「名M」:名証メイン、「名N」:名証ネクスト、「名E」:名証ETF 、「札A」:札証アンビシャス、「福Q」:福証Q-Boart
※名証の「プレミア」はプライム、「メイン」はスタンダード、「ネクスト」はグロースの各市場に含めて掲載しています。
※現値ストップ高は「S」、現値ストップ安は「S」、特別買い気配は「」、特別売り気配は「」を表記。
※PER欄において、黒色「-」は今期予想の最終利益が非開示、赤色「」は今期予想が最終赤字もしくは損益トントンであることを示しています。


日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク