9432 日本電信電話 東証1 15:00
4,995円
前日比
-94 (-1.85%)
比較される銘柄: KDDIソフトバンクNTTドコモ
業績: 今期予想
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
11.1 1.07 3.40 2.87
決算発表予定日  2018/11/06

銘柄ニュース

戻る
2017年03月21日21時57分

日本電信電話<9432>のフィスコ二期業績予想


日本電信電話<9432>

3ヶ月後
予想株価
5,200円

国内最大の通信会社。地域通信のほか移動通信、データ通信も有力。17.3期3Qは海外子会社に関する営業権の減損損失が重しとなるも、地域通信事業が業績けん引。各種経費の効率化や減価償却方法の変更などが効く。

18.3期は「コラボ光」と自社契約「フレッツ光」の契約数が逆転する見込み。利益率低下も想定されるが、円安による海外事業の改善や携帯関連の好調継続などで最高益更新見込む。株価は1月高値を突破する展開を想定。

会計期/実予/売上高/営業利益/経常利益/純利益/EPS/配当
17.3期連/F予/11,460,000/1,510,000/1,580,000/785,000/382.26/120.00
18.3期連/F予/11,700,000/1,580,000/1,555,000/835,000/406.61/125.00
※単位:百万円、円、F予:フィスコ予想

執筆日:2017/02/28
執筆者:若杉篤史

《FA》

 提供:フィスコ
【関連記事・情報】
お気に入りを追加しました。
x
お気に入りを削除しました。
x

日経平均