7203 トヨタ自動車 東証1 15:00
6,686円
前日比
-21 (-0.31%)
比較される銘柄: ホンダ日産自スズキ
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.0 1.23 1.18

銘柄ニュース

戻る
2016年03月17日11時08分

豊田合成、国内調査機関は投資はピークを終え17年3月期以降は収穫期に入ると指摘

 豊田合成<7282>が反発。買い優勢となり、現在は今日の高値圏で推移している。

 TIWでは、既に投資はピークを終え、17年3月期以降は収穫期に入ると指摘。トヨタ自動車<7203>の主力新型車向けの寄与が継続、新興国での安全規制強化や競合他社の品質問題から安全関連製品でチャンスが広がっているとの見方で、差別化や高付加価値化による内外装部品の拡大、LED製品の車載向けでの伸びなどが見込めると評価。

 株価に割安感が強いと評価して、レーティング「2+」を継続している。
《MK》

株探ニュース



【関連記事・情報】

日経平均