7203 トヨタ自動車 東証1 09:38
6,954円
前日比
+94 (+1.37%)
比較される銘柄: ホンダ日産自スズキ
業績: 今期予想
輸送用機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
13.5 1.27 1.37

銘柄ニュース

戻る
2015年09月07日13時06分

富士重が切り返す、米産「インプレッサ」部品の現地調達率70%と伝わる

 トヨタ自動車<7203>など完成車メーカの株価が後場に入り、マツダ<7261>を除き軒並みプラス圏に浮上している。富士重工業<7270>も朝安後に切り返し、前日比105.5円(2.7%)高の4085円まで買われる場面があった。
 富士重に関しては、7日付の日刊工業新聞で「米国での小型車『インプレッサ』の部品の現地調達率(現調率)を、2016年の生産開始当初から既存車種と同等の約70%とする」と伝えられた。報道では、「為替変動に左右されにくい生産体制にし、競争力を高める」としており、株価上昇を後押ししている。
《MK》

株探ニュース

【関連記事・情報】

日経平均