6773 パイオニア 東証1 15:00
248円
前日比
+8 (+3.33%)
比較される銘柄: パナソニックシャープ東芝
業績: 今期予想
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
91.2 1.18 6.18

銘柄ニュース

戻る
2016年02月10日09時20分

パイオニアは売り買い交錯、第3四半期は最終赤字幅縮小

 パイオニア<6773>は前日終値近辺で売り買いを交錯させている。同社が9日取引終了後に発表した16年3月期第3四半期累計の連結決算は売上高が3394億5600万円(前年同期比8.8%減)、営業利益38億4400万円(同23.6%減)、最終損益17億4900万円の赤字(前年同期47億3700万円の赤字)だった。

 高採算のカーオーディオなどの販売が新興国で伸び悩んでいるほか、先行投資負担も損益を押し下げた。ただ、前年同期の為替差損がなくなったことで、最終赤字幅は縮小しており、強弱感は拮抗している。

 なお、16年3月期の連結業績予想については売上高のみ4650億円から4550億円(前期比9.3%減)へ下方修正した。
 
出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均