6740 ジャパンディスプレイ 東証1 15:00
311円
前日比
+13 (+4.36%)
比較される銘柄: シャープ京セラソニー
業績: -
電気機器
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
0.55 2.25

銘柄ニュース

戻る
2016年02月09日09時21分

JDIが売られる、第3四半期営業黒字も通期見通しが市場コンセンサス大きく下回る

 ジャパンディスプレイ<6740>は全般悪地合いもあって、一時24円安の232円まで値を下げた。

 同社は8日取引終了後、16年3月期第3四半期累計(15年4~12月)の連結決算を発表、売上高8128億4000万円(前年同期比51.4%増)、営業損益239億800万円の黒字(前年同期55億6000万円の赤字)、最終損益は44億1100万円の黒字(同86億2900万円の赤字)だった。米アップル向け液晶パネルが好調で収益を牽引したほか、合理化努力も利益に反映された。

 なお、これまで非開示だった16年3月期の連結営業利益について前期比4.3倍の220億円との予想を発表した。第3四半期で既に超過しているが、会社側は1~3月期の営業損益は赤字とみている。事前の市場コンセンサスであった300~350億円は大幅に下回る見通し。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

【関連記事・情報】

日経平均