6674 GSユアサ 東証1 15:00
471円
前日比
-3 (-0.63%)
比較される銘柄: パナソニック富士電機東芝
業績: 今期予想
電気機器
単位 1,000株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.2 1.35 2.12 1.81

銘柄ニュース

戻る
2015年12月14日11時33分

GSユアサ、国内調査機関はアジア市場の動向に不透明感が残ることが株価の重石と指摘

 ジーエス・ユアサコーポレーション<6674>が反落。売り気配で始まり、その後も下げ幅を拡大。現在は本日の安値圏で推移している。

 TIWでは、通期計画達成を見込むものの、下方修正の最大要因となったアジア市場の動向に不透明感が残ることが株価の重石と指摘。来期以降に関しては、増益基調との見方や中期的成長のポテンシャルは高いと見て、「アジア地域での車載用鉛畜電池需要の回復が待たれる」と解説。
 レーティング「2」を継続している。
《MK》

株探ニュース



日経平均