4977 新田ゼラチン 東証1 15:00
733円
前日比
-1 (-0.14%)
比較される銘柄: クレハエアウォータKIMOTO
業績: 今期予想
化学
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
16.8 0.93 1.64 56.31

銘柄ニュース

戻る
2015年11月20日12時44分

新田ゼラチン、有力処はゼラチンと関連製品の一貫メーカーとしての希少性に着目

 新田ゼラチン<4977>が反落。プラススタートとなったものの、高寄り後は売り優勢の展開となっている。
 いちよし経済研究所では、15年3月期を底に業績の回復と成長力を取り戻すとの見方で、「その基本観に変化はない」と指摘。それでも、足取りは当初予想よりもややペースが遅いとの見方で、16年3月期営業利益予想を14億7000万円から12億円(会社計画は14億円)に引き下げた。
 PBR1倍割れに加え、中長期的な潜在需要が大きいゼラチンおよび同関連製品の一貫メーカーとしての希少性を考慮して、レーティングは「A」を継続している。
《MK》

株探ニュース


【関連記事・情報】

日経平均