3664 モブキャスト 東証M 15:00
1,186円
前日比
-29 (-2.39%)
比較される銘柄: サイバーディーエヌエグリー
業績: -
情報・通信業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
25.90 1.79

銘柄ニュース

戻る
2016年08月08日11時50分

注目銘柄ダイジェスト(前場):小野薬、ミクシィ、JDIなど


小野薬<4528>: - 円(前日比 - 円)

ストップ安売り気配。米ブリストル・マイヤーズ スクイブが、小野薬と共同開発した抗がん剤「オプジーボ」の臨床試験で、これまでより幅広い肺がん患者に効果があるとの結果は出なかったと発表したことが伝わっている。PD-L1発現レベルが5%以上の未治療の進行期非小細胞肺がんを対象としたオプジーボの単剤療法を評価する試験のCheckMate -026試験(国際共同治験)において、主要評価項目である無増悪生存期間を達成できなかった。


ミクシィ<2121>:3370円(前日比-450円)

急反落。16年4-6月期(第1四半期)決算を発表している。売上高は前年同期比5.5%減の473.44億円、営業利益は同17.3%減の201.30億円と減収減益で着地した。営業利益は市場コンセンサスの220億円強を下回った。主力のスマートフォンゲーム「モンスターストライク(モンスト)」は、ゲーム内イベントによらない収益については安定的に推移しているものの、イベントの成否による影響が出やすい状況と説明している。


JDI<6740>:172円(前日比-14円)

急反落。17年3月期の第1四半期(16年4-6月)業績を修正している。営業損益見通しは従来の10億円の黒字から35億円の赤字(前年同期は22億円の黒字)へと引き下げた。新たに開示した純損益見通しは118億円の赤字(同4億円の赤字)としている。また、週末には同社が筆頭株主の産業革新機構に金融支援を要請したと一部メディアが報じているが、これも先行きに対する警戒感につながっているようだ。


DOWA<5714>:614円(前日比+65円)

大幅に3日続伸。16年4-6月期(第1四半期)決算を発表している。営業利益は前年同期比34.2%減の76億円となった。ただ、66億円強とされていた市場予想を上回って着地した。また、第2四半期以降の前提為替レートを1ドル=115円から105円に変更したものの、17年3月期の上期及び通期業績予想(通期営業利益で前期比17.3%減の290億円)を据え置いたことも安心感につながっているようだ。


チャームケア<6062>: - 円(前日比 - 円)

ストップ高買い気配。16年6月期決算を発表している。営業利益は前期比3.9倍の4.43億円となり、期初計画3.50億円を上回って着地した。また、17年6月期の通期業績については、営業利益で同69.3%増の7.50億円と大幅増益の見通しを示している。新規開設は8ホーム、614室と過去に例のない規模を予定しているが、開設2年目を経過した既存27ホームが高い入居率を維持していることなどから、費用は十分に吸収できるとみている。


モブキャス<3664>:755円(前日比+94円)

一時ストップ高。16年1-6月期(第2四半期累計)決算を発表している。営業損益は0.51億円の赤字となり、前年同期(1.58億円の赤字)より赤字幅が縮小した。プラットフォーム事業への積極的な投資によりマイナスとなったが、引き続きコスト効率向上が損益改善に寄与したという。また、決算説明資料では来夏までに予定されているグローバルゲーム6タイトルが紹介されており、期待材料となっているようだ。


SMC<6273>:28040円(前日比+1950円)

大幅に3日続伸。16年4-6月期(第1四半期)決算を発表している。円高進行の影響などで営業利益は前年同期比3.5%減の364億円となった。また、為替差損152億円を営業外費用に計上したこともあり、純利益は同19.0%減の248億円だった。ただ、営業利益は300億円強とされていた市場予想を上回って着地した。為替変動に伴う未実現利益が約30億円発生して営業利益を押し上げたが、市場では実体も堅調との見方が多いようだ。

《WA》

 提供:フィスコ

【関連記事・情報】

日経平均