信用
証券取引所が指定する制度信用銘柄のうち、買建(信用買い)のみができる銘柄
株価20分ディレイ → リアルタイムに変更
セントラル総の【株価予想】を見る

3238セントラル総合開発

東証S
504円
前日比
-55
-9.84%
比較される銘柄
ヤマイチ, 
エスポア, 
日エスコン
業績
単位
100株
PER PBR 利回り 信用倍率
6.9 0.57 2.98 2,173
時価総額 48.8億円
決算発表予定日

銘柄ニュース

戻る

<動意株・24日>(大引け)=ギフティ、PSS、HUグループなど

 ギフティ<4449>=急伸。一時15%を上回る上昇で1200円台半ばまで駆け上がる場面があった。同社は店舗で商品と引き換えることができる電子チケット提供など、個人や企業を対象としたeギフトサービスの開発・運営を行っている。業績面ではトップラインはここ数年来高水準の伸びを示しているが、利益面では先行投資負担などで21年12月期に営業7割減益となるなど厳しい状況を余儀なくされた。株価は昨年11月以降大幅な調整を強いられたが、今年2月下旬に底入れを確認、その後は戻り歩調に転じている。市場では「GoToトラベル関連の切り口で買い人気化している」(ネット証券マーケットアナリスト)という指摘の他、「最近は国内外証券を経由した貸株調達に伴う空売りが急増傾向にあった。6月末を控えて目先はショートカバーを誘発し株価に浮揚効果が働いている」(中堅証券ストラテジスト)という声も出ていた。

 プレシジョン・システム・サイエンス<7707>=後場ストップ高。きょう午後1時ごろ、サル痘ウイルスDNAリアルタイムPCR検査キットを7月から販売開始すると発表しており、これを材料視した買いが流入した。同検査キットはスペインのCerTest Biotec(セルテスト社)が製造するもので、ヒト由来試料中のサル痘ウイルスDNAをリアルタイムPCR法により検出する研究用試薬。PSSが販売する全自動PCR検査装置「ジーンリード エイト」へ適用する予定としている。

 H.U.グループホールディングス<4544>=9日続伸。23日の取引終了後、子会社富士レビオ・ホールディングスが、ベルギーのバイオテクノロジー企業であるADxニューロサイエンシズ社の全株式を取得する契約を締結したと発表しており、これが材料視されている。ADx社は11年の設立以来、アルツハイマー病を始めとする神経疾患関連領域に特化してバイオマーカーの開発を実施してきた世界的に有名なバイオテクノロジー企業。取得金額は4000万ユーロで、22年7月に買収が完了する見込み。富士レビオは今回の買収により、試薬ラインアップの拡大やグローバル戦略の強化を図るという。なお、同件による23年3月期業績予想の変更はない。

 セントラル総合開発<3238>=8連騰で新値街道を突き進む。ここ不動産セクターへの投資資金流入が目立つ。世界的なインフレ警戒感が高まるなか、インフレ耐性の強い業種としてマークされるほか、円安を背景に海外資金が日本の不動産市場へ流入しているとの観測も、関連銘柄の株価を刺激する材料となっている。特に値動きの軽い中小型株への物色意欲が旺盛だ。同社は「クレア」ブランドで分譲マンションを全国展開しているが、時価総額が100億円未満と小型で足が速い。業績も好調で、23年3月期は営業18%増益を予想している。PER7倍台、PBR0.6倍台と株価指標面で割安感が強いことも買い人気を後押ししているようだ。

 タカトリ<6338>=連日の上場来高値更新と気を吐く。世界的な電気自動車(EV)シフトの動きを背景に大手半導体関連企業によるパワー半導体分野への投資が積極化している。特に、EVの駆動モーター部分などに使われる高出力のパワーデバイスとして次世代パワー半導体に対する需要が高まっており、シリコンカーバイド(SiC)材料用マルチワイヤーソーを展開する同社はニッチトップ企業として注目度が高い。5月末には同装置の大型受注(約80億円)を獲得したことを発表しており、翌日から株価は急騰局面に突入している。今月に入り外資系証券経由の貸株調達による空売りも目立っているが、直近ではUBS経由の空売りが増加、その買い戻しによる浮揚力も働いているとみられる。

 スターティアホールディングス<3393>=3日ぶり急反発。同社は23日、子会社のクラウドサーカスが法人向けにNFTを活用した企画をワンストップで支援するサービスの提供を開始したと発表しており、これが材料視されているようだ。クラウドサーカスは、昨年12月にNFT発行サービス「HEXA(ヘキサ)」を運営するメディアエクイティ(東京都品川区)と資本・業務提携し、NFT市場に参入。このほど開始したサービスでは、NFTの発行・管理、NFTコンテンツ制作、特設販売ページの制作、ツイッターキャンペーンの実施などを支援する。

※未確認情報が含まれる場合があります。株式の売買は自己責任に基づいて、ご自身でご判断ください。


出所:MINKABU PRESS



日経平均




 

■関連サイト ※外部リンク