3063 Jグループ 東証M 15:00
803円
前日比
-4 (-0.50%)
比較される銘柄: 東天紅ひらまつゼットン
業績: 今期予想
小売業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
146 3.79 0.37 6.17
決算発表予定日  2017/01/11

銘柄ニュース

戻る
2015年10月30日08時10分

ジェイグループホールディングス---既存店で業界平均を上回る増収率を継続


ジェイグループホールディングス<3063>は、居酒屋やレストランを中心に、8月末時点で58業態、132店舗を運営。飲食事業では「芋蔵」「ほっこり」「てしごと家」等の居酒屋を中心に、「PRANA STYLE」「名古屋丸八食堂」「うな匠」等のレストラン・専門店、「猿Cafe」「88 huithuit」等のカフェなど、多業態を展開している。正社員比率は業界内でも非常に高く、そのため店舗でのサービスレベルも高いことに特徴。

ブライダル事業では名古屋駅直結の名古屋ルーセントタワーで、天空のチャペルやスカイバンケットを特徴とした「LUCENT MariageTower」や、別棟でのレストランウエディング等、会場ごとに独自のコンセプトを用意し、挙式・披露宴のプロデュース、結婚式場の運営をてがけている。また、不動産事業では好物件を一括借上げし、自社の飲食事業の複数出店、自社にない業態は他社を誘致し多様な業態の出店により施設の魅力を向上させている。それにより、好物件の先行確保や受取り家賃収入による支払家賃の低下、自由な店舗設計を可能としている。それ以外には、飲食事業から派生した広告代理事業、仕入れ・卸売事業なども行っている。

2016年2月期は売上高で前期比3.2%増の141.00億円、経常利益で同39.5%増の1.39億円が見込まれている。2016年2月期の第2四半期まででは、既存店で業界平均を上回る売上高対前年比を継続し、過去最高の売上高を達成した。原価や人件費の上昇という外部環境に変化に対しては、新たな基準による全店分析を行って早急に店舗を選別。改善見込みが弱い店舗については、撤退・売却を実施することで、下半期の回復が見込まれる。

《SF》

 提供:フィスコ

日経平均