2459 アウンコンサルティング 東証2 15:00
320円
前日比
-3 (-0.93%)
比較される銘柄: DACHDインタスペスVコマース
業績: 今期予想
サービス業
単位 100株
PER PBR 利回り 信用倍率
96.1 3.46
決算発表予定日  2017/01/11

銘柄ニュース

戻る
2016年07月12日09時22分

アウンが一時S高、多言語プロモーションなど好調で16年5月期業績は計画上振れ

 アウンコンサルティング<2459>が急反騰し一時ストップ高の390円をつけている。11日取引終了後、集計中の16年5月期連結業績について、売上高が従来予想の17億100万円から18億6100万円(前の期比15.0%増)へ、経常利益が2000万円から2400万円(前の期300万円)に上振れたようだと発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 旺盛なインバウンド需要を背景に多言語(日本語以外の言語)プロモーション領域で売り上げ・利益を大きく伸ばしたほか、海外現地法人とのネットワークを活用し、海外現地ごとに異なるプロモーション手法に対応したサービスの開発が進んだことも寄与した。また、国内プロモーション領域でも、スマートフォン向け国内運用型広告市場の拡大を背景に、売り上げおよび利益が堅調に推移したという。営業外で為替差損が発生したものの、投資事業組合運用益もあり、経常利益も上振れたようだ。

出所:株式経済新聞(株式会社みんかぶ)

最終更新日:2016年07月12日 09時24分

【関連記事・情報】

日経平均